私たちがアクアクオリアを設置した理由

神奈川県 株式会社工作室グリーン 様

会社名 株式会社工作室グリーン
石井社長
所在地 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町534-4
ホームページ http://www.kousakushitsu-green.com/
お名前 代表取締役 石井俊博 様

 

震災が起きて、社長が守りたいと思った人は誰ですか?

当然、身内や社員、私に関わりのある方ですが、 私は、自分の力量を知らぬ人間なので、目の前に困った方がいたら、まず そちらを守ろうとしたと思います。

 

アクアクオリアを知ったきっかけは何ですか?

HaLAフォーラムです。 (HaLA⇒http://www.halajp.org/interview/006ishii.html


以前より逆浸透膜式浄水機のすごさは知っていたのですが、私の知る機器より数倍早い濾過速度で、バッテリー等の微弱の電力で稼働できること、簡単にはずせて 弊社の雨水タンクや池・川の水を飲料水にできるつまり万が一のおり、飲料水に困る事がないからです。

 

震災後に取り組まれている活動について伺わせてください

震災後東北地方の知人には、極力連絡をつけ、幸い皆さん無事でした。


ただ、大混乱だったので、すぐには救援物資を送るのを控えていたところ さいかい産業の古川さんから、物資の受け入れ・配送体制が整ったので、
救援してほしいとの連絡があり、3/22某ホームセンターとけんか腰のやりとりをした挙句、電池や消毒薬等の物資を送ることができました。


今後、必要なものは、日々変わってくるのでさいかい産業の古川さんから逐一 情報を聞き弊社が出来る限りの事をしていこうと思っております。

 

工作室グリーン石井社長のブログより 

【2011年3月13日】 http://ameblo.jp/k-green01/day-20110313.html

グリーンピース(工作室グリーン様ショールーム)は、コーチンとポニーの糞を肥料にし、農薬を使わない野菜を作ってもらい野菜やコーチンの卵と肉をたべる木くずや枯葉でペレット(木質系燃料)を作り暖房や燃料としている。


逆浸透膜浄水機は、移動可能で、車のバッテリーでも稼働し、雨水や池・川の水を 飲料水に変えられる。
もし、万が一の時には ここを 避難所として開放します。水・食物・燃料を 少しでも お困りの方にお渡しできると思っております。あっては困りますが、その時には 私たちがお迎えします。

 

【2011年3月26日】 http://ameblo.jp/k-green01/day-20110326.html

 

弊社の逆浸透膜浄水器アクアクオリアは、90%以上 ヨウ素・窒素・ヒ素・放射線物質等をろ過します。


弊社が、安全な水を 無料で、ご提供いたします。ただ、その折りには 被災地で不足している未使用の下着・手袋等を下さい。弊社が、責任を持って 被災地に送ります。

 

今度アクアクオリアをどういった方にご提案をしていきますか?

アクアクオリアを本当に必要とするのは、個人宅ではなく公共施設や病院、介護施設、学校等多数の人達が集まる場所であり避難所として使われる場所だと思います。


できれば、そういった所に提案していかなければいけないと思っております。

 


 

アクアクオリアについてのお問合せはこちらから
あなたの住まいの近くのアクアクオリア取扱店に直接お問合せ
設置したいお問合せ、お見積り

お客様の声

施工店実績

詳細情報